みなとく株式会社   

問合せ info@nofoodloss.com

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
社名ロゴ36.9度.png

足りすぎている日本と

足りない世界

世界中で生産されている食料のうち、毎年3分の1、およそ13億トンが捨てられています。

一方、飢えや栄養不足で苦しんでいる人は8億人以上いると言われています。

日本でも年間600万トン以上が、「まだ食べられるのに捨てられています」​この量は世界の食料援助の2倍に相当します。

「お得&寄付」で

解決を目指す

「No Food Loss」が考える「食品ロス」の解決は、日本で発生した「食品ロス」を最後まで日本国内で美味しく消費し、その利益を足りていない地域の改善のために使うことだと考えています。

「買い手良し」「売り手良し」「世間良し」に「株主良し」「従業員良し」「環境良し」の六方良しを理念に、サーキュラーエコノミーの実現を目指します。

©︎TABLE FOR TWO

つくる責任・つかう責任

本来食べられるにも関わらず捨てられてしまう「食品ロス」の課題は、平成27年9月に国際連合で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で定められている「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)のターゲットの1つである“つくる責任・つかう責任”(目標:12 「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」)に設定されております。

この目標の中で、2030年までに世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させることが盛り込まれるなど、近年、関心が高まっています。